【学生向け】MATLAB App Designerを使ったロールセンター計算アプリの作成

このセミナーでは、ロールセンターの高さを計算するアプリを作成します。 その際にMATLAB App Designerを利用します。このApp Designerを利用することで、独自のGUIやアプリを動作させるアルゴリズムを簡単に生成することができます。

セミナーでは、まずアプリのバックグラウンドで実行される計算アルゴリズムや、結果の表示に使用するパーツの作成方法を解説します。次に、App Designerを用いてGUIを作成し、アプリの動作をプログラムする方法を説明します。本セミナーを受講すると、File Exchangeで配布されているロールセンター計算アプリのカスタマイズもご自身でできるようになります。

・ ロールセンター計算アプリ: https://bit.ly/31agwne

本セミナーは主に学生フォーミュラに参加する学生を対象にしていますが、MATLABの使い方について学びたい学生や一般ユーザーにもおすすめです。

【紹介内容】
・ ロールセンターの概要と導出方法
・ MATLAB
  – 四則演算
  – Cylinder関数による円柱の表示(タイヤのプロット)
  – Functionを用いたコードの整理
  – PolyfitとPolyval関数による2直線の交点座標の導出(ロールセンターの導出)
・ App Designer
 …

 915 total views,  2 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です